球蹴男児U-16リーグ

大会概要

  

会場一覧はこちら

 

2020 球蹴男児 U-16 リーグ

大会概要

本大会は、九州地域のU-16の年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および
指導者のレベルアップを図り、本大会から日本代表の選手を輩出するとともに、世界トップ10を
目指す日本サッカーの形成に資することを目的とする。 目指す日本サッカーの形成に資することを目的とする。

1 名称 2020 球蹴男児 U-16 リーグ
2 主催 球蹴男児 U-16 リーグ実行委員会
3 オフィシャルパートナー ミズノ株式会社
4 メディアパートナー 株式会社 グリーンカード
5 協賛 加茂商事株式会社 株式会社 ミカサ
6 期間 令和2年7月~12月
7 参加チーム
(福岡)
東海大学付属福岡高校、筑陽学園高校、東福岡高校、筑紫台高校、九州国際大学付属高校
(佐賀)
佐賀東高校、佐賀商業高校
(長崎)
長崎総合科学大学附属高校、長崎南山高校
(熊本)
大津高校、ルーテル学院高校、熊本国府高校、熊本学園大学付属高校
(宮崎)
日章学園高校、鵬翔高校、宮崎日大高校
(鹿児島)
鹿児島城西高校、神村学園高等部、鹿児島実業高校
(沖縄)
*沖縄県枠
那覇西高校、西原高校、宜野湾高校、那覇高校
8 試合会場
(1) 九州地域のローン・人工芝のグランドを使用する。
(2) ホームチームが会場の確保をすること。
9 参加資格
(1) (公財)日本サッカー協会第2種加盟を完了しているチームとする。
(2) (公財)日本サッカー協会への個人登録を完了している者とする。
(3) 参加チームの高校1年生とする。
(4) 7月10日までに大会選手登録を行うこととする(人数制限はしない)
(5) 追加選手登録は都度行うものとし、試合2日前までに登録完了した選手を出場させることができる。
(6) 3種の選手を出場させる場合は、試合当日メンバー表にて提出する。
(7) GKに限り、やむを得ず、2年生以上を出場させる場合は、試合2日前までに対戦相手の承諾を得ること。
10 大会審判
(1) 主審はホームチームが責任を持って資格のある審判を用意すること。
(2) 主審に関しては、相互審判ではなく、第三者が行うことが望ましい。
(3) 主審に関しては、ユース審判を割りあてることがある。
(4) 主審の審判料は5,000円とする。(ユース審判に対しては弁当、飲料を支給する。)
(5) 副審は対戦チームから1名ずつ出し、資格を有するユース審判でできる限り行う。
(6)副審は自チームのディフェンスラインを担当すること。
(7)副審は必ず球蹴男児オリジナル黒Tシャツを着用すること。
11 試合球ミカサ製
MC55-WBLN
12 競技方法
(1)当該年度(公財)日本サッカー協会制定の規則による。
(2)
D110チームを2グループ各5チームに編成、予選リーグ戦を実施する。計4試合
(3)
D210チームを2グループ各5チームに編成、予選リーグ戦を実施する。計4試合
 沖縄県については節毎に異なるチームの参加を認め、対戦結果に反映させる事とする。
(4)全国大会出場チーム決定戦
 A1VSB2位 A2VSB1位 勝者2チームが全国大会出場権獲得
(5)D1残留決定戦
 D1 ①A4 VS B5位 ②A5 VS B4
     ①敗者VS②敗者⇒勝者/D1残留 敗者/D2降格
(6)D1昇格決定戦
 D2 ①A1VSB2位 ②A2VSB1
     ①勝者VS②勝者⇒勝者/D1昇格
(7)
試合時間は90分とする。
(8)
各試合登録選手25名の中から最大9名の交代ができる。
(試合当日、メンバー表を本部、対戦チームに提出)
(9)
リーグ戦順位決定規定
① 勝点(勝ち:3点・引き分け:1点・負け:0点)
② 得失点差
③ 総得点
④ 当該チーム対戦成績
(10) リーグ戦中「退場処分」を受けた選手は、今大会の次の試合に1試合出場できない。
以降の処分については、実行委員会で決定する。
(11) リーグ戦中「警告処分」を2回受けた選手は、今大会の次の試合に1試合出場できない。
なお、グループリーグ戦の累積警告は順位決定戦には適用しない。
* 但し、退場処分については順位決定戦にも適用する。
14 悪天候時のガイドライン
(1) 試合実施、打ち切りの判断基準
①当事者間で交通機関、高速道路状況など踏まえ、安全第一に協議、判断すること。
②雷が鳴った場合、30分間は中断し、その後はレーダーなど情報収集の上、判断すること。
③試合実施時には責任校は事前に緊急対応時の病院を決めておくこと。
(2) 試合途中打ち切りの場合の扱い
①後半30分経過後は打ち切り時のスコアで試合成立とする。
②後半30分までの段階で打ち切った場合は後日残り時間を実施する。
15 新型コロナウイルス感染防止対策について
(1) リーグで申し合わせた感染防止対策を周知、徹底した上で運営すること。
(2) 毎試合、試合前に健康チェックシートを提出、確認の上、試合を実施すること。
(3) 代表委員会にて、リーグ運営に支障を及ぼす状況と判断した場合、リーグ戦の打ち切り等、適切に対処する。
その場合、昇格・降格はなし。全国大会出場チームの選定は協議の上、決定することとする。
16 全国大会
D1上位2位チームは、各地域U-16リーグ上位チーム参加の全国交流大会への出場権を得るものとする。
(日時)12月下旬 (会場) 静岡県御殿場市 時之栖スポーツセンター
17 備考
(1) ユニフォームは、色彩が異なり判別しやすいものを必ず正副2着用意する。
審判員が通常着用する黒色と同色又は類似色の上着を用いることはできない。
(公益財団法人日本サッカー協会「ユニフォーム規定」第5条①)
(2) ユニフォームは、チーム用ユニホーム(原則NO.1-30)を使用するものとする(個人用は認めない)
(3) 参加資格に違反やその他の不都合な行為があった場合は、そのチームの出場を停止する。
その場合、同チームが関係する全ての試合結果を抹消する。
(4) リーグ途中で参加棄権等があった場合は、同チームが関係する全ての試合結果を抹消する。
尚、そのチームは次年度よりの参加を認めない。
(5) 参加チームは、各チームにおいて傷害保険等に加入すること。
18 大会事務局
(一社)スポーツらぼ御殿場
COO  伊藤 誠
携帯 080-5793-9256
LINE ID 08057939256
E-MAIL ito.makoto@spolab.jp

2019年度大会概要はこちら

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

オフィシャルパートナー企業様

協力企業様